今を楽しく生きる

引き寄せに関して書いたり、漫画描いたりしてます。

映画「クレーマー」レビュー

プライム・ビデオでなんか良いのないかなーと物色してたら目に留まった映画。

 

「クレーマー」

movies.yahoo.co.jp

 

 

まぁ、ものすごいB級感が漂っている映画だなと思った。

 

時間は短めの1時間21分だったから見てみることに。

 

あらすじ

主人公の杉村は食品会社に勤務するお客様相談室の社員。まぁそこでクレーマーとなる「ナイトウ」という野郎から電話がかかってきて色々と面倒に巻き込まれていくって感じのストーリーなのだが…。

 

 

f:id:MackJack:20181231152339p:plain

 

まぁ、なんというかね。やっぱB級はB級だった。見るもんじゃないな。

 

結論から言うと全然伏線が回収されずモヤモヤして終わる。そんな映画だった。

 

 

こっからネタバレ

クレーマーのナイトウは購入した商品の中に異物が混入していたというクレームを入れてくる。まぁそれはそれで良いんだわ。クレームだしね。

 

んで、会社側は購入した商品を送ってくれとナイトウにお願いしたが、電話が途中で切れてしまった。

 

場面変わって杉村の自宅。ジグソーパズルをやっている。趣味のようだ。そんな時自宅の電話がなった。ナイトウからだった。

 

ナイトウは会社か杉村さんの自宅か、どちらに商品を送ったらいいかと言ってきた。いやいやフツーは会社に送れやってなるわな。

 

つーか、何でナイトウが電話番号知ってるのってなるよね。

 

とまぁ、こんな感じで杉村は犯人が分からず、向こうは杉村のプライベートまで把握しているかなり不気味な状態。

 

犯人はだれなのかって当然見てる側は思うんだが、結局それは解消されずに終わった。

 

というか犯人は最初からいなかったというような形で徐々にクライマックスに進んでいく。ナイトウとのやりとりを記録した録音内容も杉村がただ一人で喋っているだけのものだったし、物語の途中でナイトウに襲われた杉村の彼女も杉村自宅2階で腐乱死体となって見つかった。ついでに妹も殺されていた。

 

じゃあ、結局犯人は杉村だったということなのかと思いかけたところで、後ろからグサッと杉村が刺されてTHE END。

 

 

は?どゆこと?

 

全く意味が分からない。結局犯人は分からず終いだった。ものすごく見ていて不満の残る内容。結局真犯人が居たということ?ならなぜ杉村とナイトウとの録音テープは杉村の声しか残っていないの?ナイトウという存在がいなければ杉村だって精神がおかしくならないでしょ。

 

そもそも犯人の目的って何?会社にクレーム入れるのはわかる。でもなぜ杉村を目の敵にする必要があったのか?すげー謎。

 

ほんま良くわからん。

 

これ、見終わったあと気付いたんだけど、case1とcase2があってこれはcase1だったみたい。つまりこれ2あるってことか。全く期待できんけど気にはなる。

 

まぁ、この年末年始の時間ある時に気が向いたら見てみるかな。

お財布購入額200倍理論

以前そんな内容の話を聞いたことがある。確か本にそんな事が書いてあったかな。財布の購入額×200=年収なるというもの。

 

聞いた当初はなんだそりゃと思ったが、心のどこかで試してみたいという気持ちがあった。

 

そして俺はそれを知ってから程なくして、ある程度の金額の財布を買った。そして現在の年収はその財布購入額の200倍ぐらいにはなってる。

 

これは偶然だろうか。

 

逆に考えれば財布の購入額をあえて高めの物を買って、年収だって上げられるのではないかって考えるわな。そりゃ当然考えるわ。

 

実際にそのタイミングがきた。いま使っている財布がボロくなってきて買い替えを検討している。

 

そこで上記の内容だ。

 

あえて高いのを買うかどうか。Amazon見てたらわりとちゃんとした見た目だけど2000円ぐらいで売ってたりする。それでもいいか…いや、それだと2000×200=400,000円になっちまう。

 

コレ読んでる人の中には「何言ってんだこのバカは?」って思うかもしれない。

 

しかしね、俺の考えでは要は思い込みなんだって思う。これも引き寄せの法則の一種。思っている事で、心の中で腑に落ちていることは現実化する。

 

俺はこの200倍理論をいつしか信じてたのかもしれない。だからそれぐらいの年収になっている。であるなら意図的に財布の購入額を釣り上げて購入してみようかなって思う。いやもうその考えで購入するね。

 

 

 

 

インナーチャイルドとインナーペアレント

生きてたら色んな事があって、嫌だなと思うことが多々ある。

 

主に人間関係。好きな人もいれば嫌いな人もいる。

 

今回は嫌いな人の話。

 

何気なく話しかけたつもりだったが、相手の態度はものすごく素っ気ない。

 

「あれ、俺なにかしたかな?」と不安になるが特に思い当たらない。何か悶々としてしまって、結局その日一日嫌な気分のまま過ごす。こんな事がたまにある。

 

そんで心の中では以下のような状態になってる。

 

(なんであんな態度なんだ、意味がわからない!ムカつく)

(でも俺がなにかしたからかもしれない…)

(向こうがそんな態度でいるなら俺も、同じような態度で接してやる)

 

とまぁ、こんな感じで怒りの感情やら、不安の感情やらが入り混じったような状態。

 

ずーっとこんな状態について何か良い解消する方法はないかなと思っていたところに自己受容って概念を知ったんだわ。

 

自己受容はありのままを認めるってことだから、不安に思う自分も怒り狂う自分も認めるってこと。「そんなことで怒るなんて…」と思わない。そこが自分の感情を抑えるってことになってしまうから抑えない。つまりは自分を否定しないってこと。

 

だからその相手に対してムカついていい。怒っていい。

 

そんで自分を客観的に見て、あぁ、俺怒ってんだな。そりゃ素っ気なくされたら怒りたくもなるよな。そんな風に思うのもしょうがないよ。と、そんな風に自分を慰める。それが自己受容。

 

 もう少し掘り下げていくと、無意識の俺と、顕在意識の俺がいる。

 

無意識の俺は言い換えると「インナーチャイルド」。んで、顕在意識の俺は「インナーペアレント」。

 

わかりやすく言うと心の中に2人の俺がいて、子供のように素直で無邪気な考えの俺がいる。それがインナーチャイルド。やりたいなって思ったことはすぐやりたいし、言いたいなって思ったことは言いたい。ようは本能の俺かな。

 

逆にインナーペアレントは理性の俺ってことかな。「人から見ておかしな行動してないかな?」とか「これを相手に言ったら怒るかな」とか考える。まぁ、生きていく上では必要な俺ではあるけど、コイツが厳しすぎるとインナーチャイルドの俺は自信をなくす。

 

というか俺はすでに自信をなくしてる状態を何十年も生きてきたと思ってる。

 

この考えは前回エントリーで伝えた野口嘉則氏の書籍に書いてあるんで気になる方は是非。

 

「これでいい」と心から思える生き方

「これでいい」と心から思える生き方

 

 

結局のところ何が言いたいのかって言うと、何か嫌なことがあってすぐに自分をダメ出ししている自分。それがインナーペアレントの俺。でもいい加減黙れって思う。なんでもかんでも否定ばっかするな。お前のせいで人生がつまんねーだよ!

 

まぁ、そんな事をインナーペアレントの俺に言いたい。人間失敗のほうが多いんだよ。お前が求める自分じゃなかったとしても文句言わず受け止めろ!

 

 

幸せに生きるには、まず自分と向き合うことから。

今、自己受容の練習してる。

 

そもそも自己受容って何かと言うと、「ありのままの自分を認めて受け入れる」こと。それは些細な事でイラついてしまう自分も、失敗して情けないと思う自分もすべて受け入れるってこと。

 

これは以下の本から知った内容。

「これでいい」と心から思える生き方

「これでいい」と心から思える生き方

 

 

ただ自己受容って簡単にはできないことだと思った。だって駄目な自分を受け入れるなんて今までの俺で言えば到底ムリな話。変にプライド高いから。

 

中学生の頃数学のテストで0点とったことがある。俺は自分が勉強できないバカだと思って情けないなぁとずっと思ってた。でもそんな自分を認めたくなかった。でもそんな情けないと思う自分も受け入れるってこと。

 

良いも悪いもない。それが自分なんだって認めること。

 

過去の俺

俺はずーっとそんな勉強できない自分がコンプレックスだった。兄貴は勉強できて、弟はスポーツができる。でも俺には何もないって思ってた。

 

親にも認めてもらえないって感じていた。だから勉強で落ちこぼれたことは全く受け入れられなかったし、出来ることならテストで良い点を取りたいと思っていた。だから自己否定しまくってたな。

 

そんな考えがベースにあるから何をしてても自信が持てない。人の目を気にして生きてしまう。自分じゃなく人からの評価が第一だと思ってしまう。

 

まぁ、そんな感じで生きてきた。

 

そんな状態ってものすごく生きづらい。でもそんな自分から抜け出せそうな言葉がたくさん書いてある本だから読んでてとても勇気づけられる。

 

ということで、自分に自信がない人にはおすすめの本。きっと今の自分で良いと思える言葉が見つかると思う。

 

 

ウェブ解析士って何ぞや。

全く知らなかったウェブ解析士

「ウェブの売上を伸ばすには、ホームページリニューアルすればいいんですよ」

 

誰かがそう言った。

 

いやいやそんな提案ではなく、まずは社内に一人ウェブに強い人間を育てましょうって話になってですね、俺がウェブ解析士になればいいじゃんって話になりました。

 

ウェブ解析士かぁ…ウェブ解析士?

それって一体どんな資格なのよ?

 

調べました。

ウェブ解析士の最終目的は「事業に成果をもたらすこと」。

ウェブって付いてるからウェブサイトのアクセス解析だけの資格かなーって思ってたらそうじゃない。

それ以外にもウェブマーケティング分析やビジネス解析なんかも含めてウェブ解析の範疇みたい。

 

f:id:MackJack:20181208233126j:plain

 

ずっと悩んでた

俺は前職ウェブデザイナーではあるが、スキル的にはパッとしないものだった。その当時同じ職場の先輩とWebデザイン検定を受けたが先輩は受かって俺は落ちた。

 

その後、なんかもういいやと思って再受験はしなかった。

 

何が言いたいかって、一つのことに頑張れない自分が嫌だった。そして試験に落ちて悔しいのに悔しくないフリをしてそのままにして過ごしてきたこと。

 

まぁ、そんなひっかかりが心の中にはずっとあった。コンプレックスというやつかな。

 

そして今の職場に入って、通販担当として頑張ってはいる。

ただ、仕事していたら色々な壁にぶつかる事が多い。自分自身の分析能力の低さ、社内での発言力の低さが悩みだ。

 

通販事業は分析しないとお客さんの動向が分からない。なので1に分析、2も分析、3も分析でって言うぐらい分析は重要なこと。

 

それが嫌というほど理解してるのに社内にはそれに長けた人はいない。俺が入社した当時からずっと「お客さんはなんとなくこんな商品買ってるんじゃない?」みたいな定性的な感じで仕事を進めてきた。

 

それが嫌だった。

 

でもどうやって今の状況を打ち壊せるか、そのやり方が分からないでここまで来た。

 

そんな時、まずは社内にウェブに詳しい人を置きましょうという流れがひょんな事から出来上がり、その担当者は俺が適任ってことになった。

 

まぁ、それなりにやってきた自負はあったから、適任と考えてくれたことにちょっと嬉しかった。

 

じゃ、どうやってウェブの詳しい人間になるのか?

そして知ったのがこのウェブ解析士だった。

 

資格取得のメリット

全く知らなかったけど、なんか良いなって思うようになってきた。

この資格を取れば色々とメリットがあるなって思えた。

 

  1. 資格を取ることでそれなりに自分に自信がつく。
  2. ウェブ解析士という肩書があることで、「ウェブに詳しい人なのね」という分かりやすい指標ができる。
  3. そして結果を出せば信頼度も増す。
  4. さらに社内での発言力も増す。

 

まぁ、そんな感じで取ってみる価値があるなと考えてる。

取ったからってすべてがうまく回りだすとは思えないが、何か新しい事ができそうな気がしてすでにワクワクしている自分がいる。

 

ちょっと楽しみになってきた。

 

 

 

 

俺の存在に気づいてくれ

毎日家の前を通る人。

f:id:MackJack:20181125022522j:plain

多分帰宅途中なんだろうけどね。

 

俺の家は閑静な住宅街。夜はひっそりしている。

 

そんな住宅街を颯爽と駆け抜けるバイク。このバイクさんは多分原チャリなんだろうけど、マフラーをいじってらして結構なボリューム。

 

そんで、ちょいちょい主張したいのかブォオオーーーン、ブォブォオオーーーンって適度にふかす。

 

まぁね、なんというかね…自分を大きく見せようとしちゃうのよね。

 

いやわかる、俺も20代はバイクにのっていた。キムタクに憧れてTW200を買ってスカチューンしたわ。マフラー?もちろんスパトラよ。

 

そんでやっぱね、舐められたくないからか、ふかしちゃうのよね。ブォオンってね。

 

ふかす心理とは?

一言で言うなら、「俺カッコいいだろ!」的な主張。少なくとも俺はそんな気分だった。バイク乗っている俺カッコいいだろ?と周りに伝えたいんだよ。多分暴走してらっしゃる方々もそんな気分なんだろうと思う。

 

しかし彼らの深い心の奥には寂しい気持ちがあるんだと思う。寂しい気持ちをバイクのマフラーから出る爆音で自分の存在に気づいてほしいんだと推察する。寂しいからふかす。自分を大きく見せたいからふかす。そんな気持ちに現れだろう。

 

違う側面から見たら見栄という事なのかもしれない。ええカッコしいというところか。高い金をかけてカッコ良いバイクを買い、みんなに見てほしいという気分もあるかもしれない。

 

まぁ、そんなわけで俺の家の前を通る彼も、原チャリだろうがなんだろうがちょいちょいふかしてその存在に気づいてほしいのかもしれない。

 

さぁ、寝るか。

結局は機能性か。それに気づけばブランドなんか関係ない。

何が売れるかわからん時代

もう40歳目前だから健康にもちょいちょい気を遣う。

 

車通勤で体を動かす機会が1週間のうちにほとんどない。

 

これはまずいなと思って、少し前から週1でランニングをしている。夏場のウェアはある程度揃えていたので、問題なかったがこれからは冬。走っていくには冬用のウェアが必要だと考えいろいろと検討していた。

 

そこへこの記事が目に飛び込んで来たわけよ。


ほぉー、ワークマンね…。正直申し訳ないがワークマンって作業員御用達の店で、若者とかが行く店じゃねぇよなと思っていたが、アウトドア用品にも力を入れつつあるようだ。

 

アウトドア用品で言えば、俺はモンベルを愛用してよく使ってる。モンベルのインナーのジオラインは汗をかいても水分を外に逃がす働きがあるようで着ていて不快な要素がない。ただ肌触りはユニクロのヒートテックと比べれば気になる人もいるかもしれない。

(モンベル) mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック S

(モンベル) mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック S

 

 

まぁ、それはいいとして やっぱ冬走るなら足が寒いと思ってタイツを買おうかなと思っている。 

こんな感じのやつね。

 

そんで、じゃあちょっとワークマンのオンラインストアでも見るかと開いてみたら…

f:id:MackJack:20181118015813p:plain

 

おやまぁ…ご盛況ね…。

 

ワークマンの波が確実にキテるね。

 

考え方は時代とともに変わる

ユニクロが昔はダサい服の定番だったのに、いつの間にかファストファッションの先駆者として名を馳せて、今や全身ユニクロ着てても何も思わなくなった。

 

そうなるまでにはユニクロの絶え間ぬブランディング戦略があったのだろうけど、お見事と言わざるを得ない。

 

俺も洋服に金をかけるなんてことはあまりなくなった。私服はRAGEBLUEかユニクロって感じで、シンプルにまとめとけば、とりあえずダサくはならないという考えで服選びしている。

 

アウトドア用品も登山をちょっとやったりするので、モンベルを選んでいたがこれからはワークマンでもいいかもなって思うようになってきている。だってモンベル高ぇーしな。やっぱ安くて良品質なモノにみんな飛びつくよね。

 

ということで、ワークマンは今後に期待だな。

 

(余談)ワークマンのオンラインストア受注停止の文言を見て

 俺も通販に関わっている身として、ちょっと恐ろしいなと感じた。ワークマンの商品が良いものとして認知され始めニュース記事で取り上げられた。

 

上記の記事にはアウトドア用やスポーツ用のPBが爆発的に売れているとなっている。店頭売りでそうならオンラインストアも当然売れまくって注文が桁違いに増えていると想像できる。

 

そうなったら注文受け→ピッキング→発送が大変だ。注文受けは自動で上がってくるだろうからそこは問題ないだろう。その注文の請求書を発行する作業がまず大変になってるだろうな。でもまぁ、それも印刷機がやってくれるからまだ大丈夫だとは思うが、一番やばいなと思うのはピッキングだろう。

 

注文内容を見て箱詰めして出荷できる状態まで持っていく。この部分、完全に機械化はまだ無理だと思うんだよな。だから遅延が発生していると推察。あとは爆発的に売れているってことだから製品の生産が追いつかないってのもあるね。まぁ、どんなもんか知らんけどさ。

 

商品が売れていく時って嬉しいことでもあるけど、ちょっと怖い時でもあるよね。今のブームが永遠と続くわけじゃないと思うから。できればそうであってほしいけど、なかなかね…。

 

しかし需要が大きければそれだけ多くの供給が必要なわけだからどっかけ設備投資でもして生産力をあげなきゃみたいな話にはなってくる。ワークマンはそのあたりどうしていくんかね。

 

まぁ、ワークマンじゃなくてもいいかな。Amazonで似たような安いものでいいし。