今を楽しく生きる

まとまりのない頭の中を文章に。

ほぼほぼクライマックスは確定と見ていいですか?

どうも本田です。

 

いやー、カープの戦いが熱いです。もう広島県人としてはとにかく首位に喰らいついていって、優勝戦線に残っていきたいと考えています。

 

9回裏、カープがリードの展開の時には当然抑えのキャム・ミコライオが出てきます。昨日時点(2014/08/28)で防御率が1.51です。

 

防御率とは (ボウギョリツとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

失点が即敗戦に繋がる抑え投手の場合はさらにシビアで、2点台前半が標準ラインとなる。できれば1点台が望ましく、0点台なら球界を代表する最強守護である(佐々木主浩や全盛期の藤川球児ら)。抑えで防御率3点台は失格と言っていい(3試合に一度は失点するということになるため)。

 

成績だけ見てたら合格点なのでしょう。ただミコライオ劇場とも揶揄されるほどヒヤヒヤさせられるシーンが多いと感じるのも特徴です。8月23日の阪神戦を見てみましょう。両チーム0-0で白熱した投手戦でした。そしてカープが8回裏に2点入れて均衡を破り、9回阪神を抑えれば勝利という場面。

 

9回表 阪神の攻撃

得点: 1、 ヒット:2四死球:1

 

 

とにかくですね、ミコライオは見ててヒヤヒヤなんです。三者凡退したのってあまり見たことないんです。

 

今シーズン打者137人と対戦して被安打が22なので16%、6.25回には1回打たれています。あくまで数値的に計算しただけですけど、9回に打者3人出てきてどっかで打たれるというイメージが強い。もうちょっと安心させて見させてほしいです。

 

そんなカープ、今日は相手のミスにも助けられてなんとか辛勝といったところですね。明日はスカッとした勝ち方期待しています。

 

それではまた!