今を楽しく生きる

漫画・イラストで好きなモノ・コトを伝えるブログ。あとは昔の思い出話なんかも。

当事者意識持つには、あの考え方が必要よね。

「当事者意識」

 

働く上で必要だなと感じる考え方。

 

ようは自分事にできるかどうかということ。この考え方がないと何でも他人事にしてしまう。だったらどうやって当事者意識を身につけるのか無い頭で考えてみる。

 

予算組みは毎回悩む

来期の予算を組む上で、広告費を大きく使ってお客さんにトライアルセットを買ってもらうかどうかって話が出た。通信販売において広告費は設備投資と一緒。新聞などに広告出してトライアルセットをまず買ってもらう。そのお客さんが2回目3回目と買ってくれてようやく利益が出る商売。

 

よってまずは最初広告費がべらぼうにいるって話なんだよね。その広告費をかければ将来利益がでる。でも当然広告費を大きく使うのは恐い。俺も経営者も誰しもが恐い。そんな状況で広告費をかけるかどうかの判断を迫られたら、やっぱ躊躇してしまう。

 

まぁ、現在進行形の話であってね。どうしたもんかと悩んでる。いや悩んでるというより恐いってだけ。失敗したらって考えちゃうから。だからあんま広告費かけないで失敗しても損失があんまりでないような予算組みにしちゃう。それが去年までの俺ね。

 

でもさ、それをまた来期やったら結局微増で大きく伸ばせはしないんだよね。大きく伸ばしたいのか現状をしっかりと固める時期なのか。俺はいちサラリーマンで金を出すワケじゃないから強気にやってやろうとも言えないけど、それじゃダメなんだろうね。

 

「大きく伸ばすから予算ください!」って言えばいいだけの話だよね。それが去年まで言えなかった。だから来期の予算組みを出す今回はそれを言いたい。

 

その言えるかどうかってのが当事者意識なんだろうなぁって話。(話長いよね)

 

 

 

その答えは多分「楽しさ」

当事者意識を持つには「楽しさ」だって思ってる。仕事って楽しくないものだって割りと今でも考えてる。でも人生の中で長時間仕事してんだから楽しくないのはツライ。どうにかして楽しさを見つければきっと当事者意識も身につくんだろうなと思ってる。

 

結局のところそう思ってて、まだ実感はできていないんだよな。「楽しさ」ってどうやって身につくのか?って考えてる。そのヒントはなんとなくわかってる。それは「感謝」だと思う。小さなことにも感謝する。お客さんがうちの商品買ってくれたことや、同僚や部下がしっかり仕事をしてくれて助けてくれること。そんな小さな事に感謝すること。それらは当たり前のようで当たり前じゃないことに気づくこと。

 

色んな物事に感謝

毎日に楽しさを感じる

プラスの考え方に変化

仕事も楽しくなる

そうすりゃ予算組みだって来期のことだって俄然ヤル気出てくる。

 

まぁ、そんな流れなのかと思ったりする。いきなり当事者意識は持てなくてもね。日々に感謝して毎日を変えていきたい。