今を楽しく生きる

引き寄せとアレルギーに関する話なんかをちょこちょこ。

ゴミ焼き選手権があれば優勝するのかもしれない

昔話をひとつ。

 

俺がガキの頃住んでた市営住宅は結構な田舎だったので、子供がゴミを焼いていても特に問題ない場所だった。(と思ってる)

 

今回は俺が生活で出たゴミを燃やしていた時の話。

f:id:MackJack:20180113063643j:plain

市営住宅の2軒となりに住んでたイトーさん。俺はこの人が苦手だった。ゴミを焼いていたらかなりの確率で出くわす人。(まぁ、俺もゴミ焼く時間はだいたい決まってたし、イトーさんの犬の散歩だってルーティン化してるから会うのは必然だったかも)

 

イトーさんとは特に話すこともないのだが無理矢理にでも毎回話しかけてきて適当相槌打ってた。しかし何回も出くわせば話すこともなくなってくる。さすがにこの時はイトーさんも話すことがなくなったのか、上記の事を言われた。

 

何か話さないといけないという気遣いのようなものがあったのだろうか。