今を楽しく生きる

引き寄せとアレルギーに関する話なんかをちょこちょこ。

【誰にでもある】アラジンの魔法のランプの使い方

Febeってサービスがある。簡単に言うと書籍を朗読したデータを販売しているサイト。このFebeの他にAmazonが母体のAudibleも同じサービスだ。

 

www.febe.jp

 

 

Febeは本を購入すればずっと使えてその後の費用はかからないのに対し、Audibleは月額なので解約しない限りずっとかかる。どっちがいいかは人それぞれだと思う。

 

結局のところは読みたい本があるかどうか。FebeはAudibleより商品数が多い印象なので、そのFebeで本を購入した。それが以下の「ユダヤ人大富豪の教え」。引き寄せ関連に興味がある俺の最近の流行りは本田健著書の本を読むこと。その中ではユダヤ人大富豪シリーズはちょっとおもしろい。

 

 

図解 ユダヤ人大富豪の教え (だいわ文庫)

図解 ユダヤ人大富豪の教え (だいわ文庫)

 

 

 

概要を話すと、成功者になるためのマインドについて書いてある。その中でも面白かった部分をマンガにしてみた。

 

第10の秘訣 アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする

アラジンのランプは聞いたこと皆あると思う。それが皆に備わっているって話。ランプをこすれば願いが叶う。しかし皆ランプを持っているのにそのこすり方を知らないから願いが叶わないという話。

 

じゃ、具体的に何をすればいいのか?

 

 

f:id:MackJack:20180117001149j:plain

 

簡単に言うと目標を立てたかどうかってことみたい。「何だよ目標とかそんな当たり前のことか」って俺は思った。しかしまぁよく考えてみりゃ自分が何を望んで、どう生きて行きたいかなんて、わりと考えていなかったりする。

 

10年先、20年先自分が何をしていたいか、どう生きていたいかなんて考えている人は少ない。ましてやそれを紙に書いている人はもっといない。その目標をしっかりと立てて紙に書いているかどうかだけ。

 

良い目標と悪い目標

ただ目標にも良い立て方と悪い立て方がある。悪い目標はすべき事を目標にしている。例えばサラリーマンであれば今月の売上◯◯万円達成する!みたいな事言ってるとおもうが、それはダメ。すべき事であって、楽しいことではない。結局のところイヤイヤやっても続かないってこと。

 

イヤイヤやるってことはモチベーションがない。モチベーション(意思)は有限であって無限じゃない。モチベーションは醸成しないと充電されない。自動で貯まるもんじゃない。ダイエットしようと思っても、ダイエット特番見て「よーし、頑張ろう」ってなるのはその番組でモチベーションを醸成したから。でもモチベーションを使えば減る。楽しいことならいくらでも醸成できるけど、つまらんことならモチベーションの醸成はたまりにくい。

 

あと水前寺清子の1日1歩、3日で3歩ってこと。いきなり1日で100歩は無理よって事。すぐに結果を求めるってのは難しい。

 

そしていつまでにそれをやるかを決めること。期限がなければ人はいつまでも引き伸ばす。

 

まとめ

アラジンのランプをこすって願いを叶えるってことの詳細は、自分が何をしたいか明確にして、そうなりたいと願うこと。その願いは楽しい事が絶対。つまらん事は続くわけない。そしてその楽しい事が達成した時のイメージをかかさない。そして着実にひとつひとつしっかりとこなして、いつまでにそれが達成したいか考えるだけ。

 

こういった内容の音声データを聞くと潜在意識にどんどんポジティブな考えが入ってくる。脳にどんどん刷り込んで頭を洗脳していきたいね。