今を楽しく生きる

引き寄せとアレルギーに関する話なんかをちょこちょこ。

独特なお釣りの渡し方をするコンビニの店員さん

一人暮らししてた頃の出来事。

f:id:MackJack:20180131232835j:plain

よく行くコンビニ

生活してたらコンビニの一軒や二軒はあるよね。とは言っても俺が住んでたマンションには歩いて5分以内で行けるようなコンビニは無かった。

 

しかしある時、カスタムカーショップだった場所が潰れてコンビニになった。ありがたかったね。「これで夜中でもお菓子とかカップ麺とか買える!」と嬉しくなったものだ。まぁ、そこで働いていた店員さんの話。

 

独特の渡し方

マンガにもある通り、この店員さんお釣りをグッと手のひらに押し込むのね。ちょっと心の中で「うっ」って感じるぐらい。俺はこのコンビニが出来て以来、夜な夜な通ってお菓子とか買ってて、そしてこの店員は変わらず夜にいるわけね。まぁ、夜のシフトだよね。

 

まぁ、この店員さんのポリシー?「確実にお釣り渡しますよ!」ぐらいに思っているのかもしれない。しかしお釣り渡される度に重力を感じたくもない俺は対策を練ったというワケなんですね。

 

決行した後

どうなんだろうね。相手の顔からはあまり変化は感じられなかったけど、いつも手のひらに押しこむ感覚はなかったはず。その後何回かは行ったけど、ちょっとして引っ越してそのコンビニに行くこともなくなった。

 

まぁ、なんというか人の数だけ、その人なりの考えがあるよね。とまぁ、それっぽい事言ってみる。

 

それじゃ。