今を楽しく生きる

引き寄せとアレルギーに関する話なんかをちょこちょこ。

心を楽にする認知行動療法。日々の生きづらさは心の奥にある「信念」のせい。

俺が思っている願い

いつもネガティブに考えてしまう俺。それが楽しいこと、ワクワクすること、満足することを自然と考えて暮らせるようになれば嬉しいと思ったりしてる。
 

ネガティブな考えを変える

今回話す内容は“信念。「信念って何?」って人が大半じゃないだろうか。信念とは自分のベースの考えというか、自分が育った環境や文化、または親の教育によって作られた価値観や考え方のこと。その信念が今の考え方を作っているのに大きく関わってる。それを出来たら変えていきたいって話。
 

信念を変えるメリット

変えていけたらネガティブに思うことが減る。結果として心が楽になる。逆に前向きな事を考えていけるようになる。
 

きっと今より行動的になる

信念を変えれたら人生は大きく変わるはず。だって俺はネガティブで内向的で積極的じゃない。それがポジティブで社交的で行動力溢れる人なったらきっと今みたい悶々とはしていないって思うし。
 

俺の背景

まず自分がなぜそんな内向的になったかを話す。俺は3人兄弟の次男で親はいつも兄と俺を比べていた。兄は成績優秀で俺はその真逆。親は無意識に「お兄ちゃんは勉強が得意だけど、あんたはねぇ…」という事を度々言われていた。それが影響してか俺の信念はいつしか「人に認められたい/認められない」というものが出来上がっていった。

 

f:id:MackJack:20180218025201j:plain

 

 

じゃ、どうやって信念を変えるのか?

端的に言うと、認知行動療法を行う。詳しい事はネットで調べてもらうとして、簡単に言うとひとつの事象に対して、別の視点を持つということ。例えば上司から怒られたとする。それを「自分の事を思って注意してくれた。期待の表れだ」というように考えること。起こる出来事に意味は無い。意味を付けるのは自分自身だということ。上記のことは悪いようにも良いようにも捉えられる。全ての物事は表裏一体ということかな。
 
しかし長年かけて出来上がった信念を変えることはなかなか簡単ではない。だが変えられないことはない。少しずつ少しずつ変えていける。
 
俺は上に書いたように、「認められない/認めてほしい」という信念を抱いているってことに最近気付いた。その考えが潜在意識に根付いているから日々のありとあらゆる面でこの邪魔な考えは顔を出す。だからこれまでずーっと生きづらかった。でも生きづらいのは信念という考え方が全くわからない時だったから「人生なんてこんなものだ」と思って生きてきた。
 
こういった考えを知っていると知らないとでは大きく気持ちの持ちようも違う。日々考える自分の考え方を一歩引いたような感覚で見ることができる。第三者的な視線という感じ。
 
 

人生やっぱ楽しくいきたいじゃん

日々生きづらさを感じている人はやらない手はない。きっとその生きづらさは凝り固まった信念が邪魔していると思う。俺もまだまだ信念の再構築途中。新しい信念を早く構築したい。
 
ちなみに俺が参考にしているのはこの本。 
マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック──心の柔軟体操でつらい気持ちと折り合う力をつける

マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック──心の柔軟体操でつらい気持ちと折り合う力をつける

 

 

というわけで、じゃあまた。