今を楽しく生きる

引き寄せに関して書いたり、漫画描いたりしてます。

アインシュタインの法則を試す。

今回は実験3を試す

俺はまだ引き寄せの法則を完全に信じきれてないけど、もしも自在に使いこなせたらきっと人生楽しくなるだろうなと考えて、引き寄せの法則のいろいろな実験に取り組んでいる。

 

そのなかで「こうして、思考は現実になる」という本はわりと信憑性があるというか、エイブラハムの本とかに比べると読みやすい文章なので積極的に読んでるところ。

 

その中で今回は実験3について取り組んでみたいと思う。

 

前回エントリはこちら↑

 

実験3の内容はダウジング…?

簡単に言えばそういうこと。今回はダウジングをやる。なぜダウジングをやるかについてちょっと説明しておこう。

 

人間の体とか街の中にある木やコンクリートや動物園の動物とかありとあらゆるものはエネルギーの塊らしい。

 

俺も今まだ目に見えたものしか信じられないが、ありとあらゆるものはエネルギーらしく個体に見えるこの世界を一番小さい単位まで分解すると、素粒子と呼ばれる集合体になるっぽい。

 

つまりすべての物質の正体はエネルギーでそのエネルギーの正体は振動する素粒子なんだとさ。もうちょっとついていけないわ。

 

そのエネルギーは自分が何かを考えるたびに、自分の振動に影響を与える。良いこと考えれば良い現実が作られていくし、悪いことはまたその逆ということ。

 

そんな自分の振動数=エネルギーを調べられるみたい。良いことすればダウジングの棒が動くみたい。

 

実際どうなった?

取り組んだ結果はと言うと…まだ半信半疑…。ダウジングによって針金が動いたところもあったが、自分の姿勢によって傾いてたりするから動くんじゃねぇのかと疑ったりしているような段階。ちょっと回数重ねてもうちょっと試してみるわ。