今を楽しく生きる

徹底的に自分の好きを追求しよう

幸せに生きるには、まず自分と向き合うことから。

今、自己受容の練習してる。

 

そもそも自己受容って何かと言うと、「ありのままの自分を認めて受け入れる」こと。それは些細な事でイラついてしまう自分も、失敗して情けないと思う自分もすべて受け入れるってこと。

 

これは以下の本から知った内容。

「これでいい」と心から思える生き方

「これでいい」と心から思える生き方

 

 

ただ自己受容って簡単にはできないことだと思った。だって駄目な自分を受け入れるなんて今までの俺で言えば到底ムリな話。変にプライド高いから。

 

中学生の頃数学のテストで0点とったことがある。俺は自分が勉強できないバカだと思って情けないなぁとずっと思ってた。でもそんな自分を認めたくなかった。でもそんな情けないと思う自分も受け入れるってこと。

 

良いも悪いもない。それが自分なんだって認めること。

 

過去の俺

俺はずーっとそんな勉強できない自分がコンプレックスだった。兄貴は勉強できて、弟はスポーツができる。でも俺には何もないって思ってた。

 

親にも認めてもらえないって感じていた。だから勉強で落ちこぼれたことは全く受け入れられなかったし、出来ることならテストで良い点を取りたいと思っていた。だから自己否定しまくってたな。

 

そんな考えがベースにあるから何をしてても自信が持てない。人の目を気にして生きてしまう。自分じゃなく人からの評価が第一だと思ってしまう。

 

まぁ、そんな感じで生きてきた。

 

そんな状態ってものすごく生きづらい。でもそんな自分から抜け出せそうな言葉がたくさん書いてある本だから読んでてとても勇気づけられる。

 

ということで、自分に自信がない人にはおすすめの本。きっと今の自分で良いと思える言葉が見つかると思う。